クレジットカードを使う金額が大きくなれば、その分ポイントもたまります。
しかし同じ金額を使っても、クレジットカードによっては獲得できるポイントが多かったり少なかったりします。
それはクレジットカードのポイント還元率に違いがあるためです。
クレジットカードの選び方を間違ってしまうと、どんなに使ってもポイントがたまらないよ~となってしまうのです。

ポイントをより貯めたいのなら、ポイント還元率が高いクレジットカードを選択しなければなりません。
還元率0.5%と1.0%と1.75%のクレジットカードを比較してみましょう。
10万円利用した場合、0.5%なら500ポイント、1.0%なら1,000ポイント、1.75%なら1,750ポイントが獲得できることになります(1ポイント=1円相当とします)。
数字にしてみると、その差は歴然。
クレジットカードによって1,000円以上の差が出てしまうのです。
これが30万円、50万円、100万円・・・となると、もっと差は大きくなってしまいますよね。
ポイント還元率が低いクレジットカードを使っている人は、これまでかなりのポイントを損していたとも言えるでしょう。
0.5%のクレジットカードなんて、使う気がなくなってしまいそうです。